「男気女子」のための肩肘リセット術

恋愛・婚活・転職・人間関係・親子関係・妊活など、女性の悩みの根源へ効果的に集中アプローチ。表面的な自分磨きとは違う、精神面から底上げする女子力アップ法で、誰とも比べない自分らしい望みの生き方へ。
MENU

離れていても被災地へ向けてできる、2つのこと




Fotolia_94896760_XS.jpg



九州で地震がありました。東日本大震災のときもそうですが、このようなことが起こると、どうしてもわたしたちは「無力感」や「被害者意識」を感じてしまいます。


個人的には、福岡市長の取り組みが素晴らしいと感じたので、できることから協力しています。→


募金や物資の送付を行うときは、豊かさや安心のエネルギーを届ける祈りを込めてすると、こちらのほうが癒されるほどです。


それでも、直接支えられない無力感を感じてしまうとき。今、離れた場所からできることは、2つあると思います。


まずは、自分をサポートすることです。意外かもしれませんが、自分の内側をしっかり支えることができてはじめて、誰かのための行動ができます。


具体的には、仕事やプライベートにおいて、自分1人でがんばらないようにします。誰かに頼る、無理をしない、心に栄養を与える、ちゃんと休息を取るなど、自分をサポートすることはたくさんあるはずです。


もうひとつは、本で読んだクンダリーニヨガの師の言葉にありました。


「あなたたちは被害者になってはいけません。灯台になるのです」


「灯台になる」とは、恐れではなく、祈りとともにあるということ。言い換えると、「心を大切に、今を温かく生きる」ということです。


自分へのサポート、心を大切にする。


それがどう被災地への支援になるの?すぐに現地にボランティアへ行ったり、多額の寄付をすることのほうがよっぽどいいのでは?という意見もあるでしょう。


ただ。


無力感や恐れを感じている時間を、少しだけでも「今すぐできる2つのこと」のために使ってみませんか。その効果はやってみた人だけが感じられるものです。








あなたにとって本当に心地よいライフスタイルとはどんなものですか?

それをクリエイトするために、今この瞬間、何を行動に移しますか?

あなたはすでに、望むライフスタイルへのプラチナチケットを手にしています。



<脱・男気女子コーチング> ライフコーチ 関口梓
メールコーチング全7回♥:肩肘を張った自分をリセットして素で愛される女神に生まれ変わる方法


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。